ネズミの駆除

本日20200710 宮城県中央部在住 一昨日、ネズミを駆除しました。2匹でした。 我が家では 北側の塀と母屋の間を利用した空間があり、猫やネズミが入らないように板、波板や金網などで囲いをし 雨天時の物干しや資材置き場、ごみの一次保管(ごみ収集日までの保管)等として使っています。 先月末、ごみ袋が破られ生ごみが散乱して…
コメント:0

続きを読むread more

<書物の身の上 出久根達郎>川路聖謨の妻さと

本日20200701 宮城県中央部在住 20200613日経新聞の【<書物の身の上 出久根達郎>川路聖謨の妻さと 江戸一の美人歌にも秀でる】というエッセーに目を止めた。 川路聖謨(かわじとしあきら)は幕末の武士(御家人 旗本)で、各奉行等を歴任した。妻さとは4人目の妻である。奈良奉行のときに「川路桜」の名を遺す。 エ…
コメント:0

続きを読むread more

トマト 肥料過多対策

本日20200623 宮城県中央部在住 トマト栽培ではよく 肥料が多すぎる場合、株の先端から15cm位の部分の葉の緑が濃く厚くなり、葉の裏側にむかって巻くような状態になることがあります。「肥料過多のつるぼけ」です。対策として水やりの方法などがネット情報として見られます。 今年は 大玉2苗にその傾向が見られました。5月中旬のこ…
コメント:0

続きを読むread more

音訳ボランティア

本日20200623 宮城県中央部在住 昨日付け日経新聞文化蘭に広瀬浩二郎「感じて動く読書法」と題するエッセーが掲載されていました。 広瀬氏は ウイキによると 13歳で失明、文化人類学者で国立民族学博物館民俗文化研究部准教授 という経歴の方であります。 一部抜粋「(略)4月からコロナ禍による在宅勤務が続き、調査は自粛を…
コメント:0

続きを読むread more

史料講読講座:古代日本の皇位継承

本日20200621 宮城県中央部在住 本日「史料講読講座:古代日本の皇位継承~新天皇即位をめぐる飛鳥・奈良時代政治史~」(その壱)を受講した。3回講座の内第1回目。 講座は申し込み順で尚且ついつもより受講人数を減らしての開催だった。 特記事項 「日本書紀」は漢文で記載されている。この中の古代天皇の皇位継承に関わる史…
コメント:0

続きを読むread more

伊達の郷りょうぜん やまもと夢いちごの郷

本日20200607 宮城県中央部在住 昨日6月6日 【自宅➡東北自動車道➡国見IC➡伊達市➡霊山町 「道の駅伊達の郷りょうぜん」➡東北中央自動車道➡相馬市➡松川浦 斎春商店➡山元町 「農水産物直売所『やまもと夢いちごの郷』」➡自宅】 をドライブ・リフレッシュしてまいりました。 ①自宅を9時過ぎに出る。福島県国見ICから…
コメント:0

続きを読むread more

船頭可愛や

本日20200602 宮城県中央部在住 NHK「エール」は面白いですね。今週は「船頭可愛や」と「音の練習と妊娠」でしょうか。 福島弁(特に鉄男)は懐かしいです。学校や職場には福島出身者がおり又、本県南部は福島に接していることから当地方出身者は必然福島訛りです。ただし私的には福島訛りなのか白石訛りなのかは判然としませんが。 …
コメント:0

続きを読むread more

ららら♪クラシック 禁じられた遊び” “ダニー・ボーイ”

本日20200531 宮城県中央部在住 先日20200529 〈ららら♪クラシック「心を揺さぶる旋律“禁じられた遊び”と“ダニー・ボーイ”」聞けば心をつかまれる哀愁の名曲2曲の物語。〉を見ました。 ▽「禁じられた遊び」~ルネ・クレマン監督の同名映画のテーマ曲としても知られるこの曲。作者をめぐる逸話と、映画で主題曲を演奏したナ…
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言解除後の日々

本日20200531 宮城県中央部在住 国内では「新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言解除」が行われ、明日からは「マスクの励行や三密を避けるなどの新しい生活様式を守りつつ」ではありますが 取り敢えず ほぼ旧に復することになりました。 私達にとって、孫たちの我が家への「通い」と宿題への声掛け、ご飯の支度のことなどなど 中々大…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルス感染症「COVID-19」関連Ⅳ

本日20200511 宮城県中央部在住  新型コロナウイルス感染症「COVID-19」関連:後日への覚書 ワクチン 首相は11日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルス感染を予防するワクチンの国内での開発に関し「東大、大阪大、国立感染症研究所などで開発が進められていて、早ければ7月には治験が開始できる見込みだ」と表明した。同…
コメント:0

続きを読むread more

バーチャル株主総会

本日20200419 宮城県中央部在住  最近のインターネット上の記事で「バーチャル株主総会(インターネットから参加できる株主総会)」というのを見かけました。 株主総会というと、テレビで見る限り、株主数に応じた規模のホールなどで、場合によっては数十人~数百人の参加者の間で丁々発止の質疑が行われるように承知しています。ピークは…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルス感染症「COVID-19」Ⅲ

本日20200410 宮城県中央部在住  新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の勢いが止まりません。 20200409 19時 現在では 国内(横浜港に寄港したクルーズ船 感染者数 712 死亡者数 11 除く)    感染者数 4,768 死亡者数 85  回復者数 685 国外 感染者数 1,348,3…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルス感染症「COVID-19」Ⅱ

本日20200329 宮城県中央部在住  新型コロナウイルス感染症「COVID-19」治療薬として、現在日本では次の既存医薬品が候補に挙がっているようです。 アビガン:抗インフルエンザウイルス薬 ただし動物実験で胎児に対する催奇形性の可能性が指摘されている レムデシビル:エボラ出血熱等の抗ウイルス薬 ただし薬効に疑…
コメント:0

続きを読むread more

《『昭和の屯田兵』覚書》後編

前編から続く ≪小清水での生活点描≫ 1「飯場に泊まり込んで針葉油採取作業」 古樋駅下車グループの中、大部分の者は駅に迎えに来ていた農家の荷車でそれぞれの農家へと向かっていった。 私たち10名は、役場からの迎えの荷車2台に分乗して、小清水市街地にある農業会へと向かった。農業会に到着後2階の会議室に案内され、昼食の『そば』を食…
コメント:0

続きを読むread more

《『昭和の屯田兵』覚書》前編

本日20200322 宮城県中央部在住 本日20200322 亡父の七回忌法要を執り行うことが出来ました。 供養を兼ねて、父が生前自ら取りまとめた「昭和の屯田兵覚書」を参考のために記します。 まえがき 1:父75歳時記載 まえがき 2:父80歳時記載 部落とは当地では集落の意味であり他意はありません。 原稿の実名等は…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルス感染症「COVID-19」Ⅰ

本日20200315 宮城県中央部在住 満69歳。 現在、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」が猛威を振るっており、世界を不安に陥れています。高齢で基礎疾患のある者には危険性が高いとのことなので、私にとって他人ごとではありません。 その対策として次のような治療薬やワクチンの研究が進められているとのことです。 治療薬…
コメント:0

続きを読むread more

古稀

本日20200221 宮城県中央部在住 満69歳。 先日、満69歳になった。数え70歳なので、「古稀」ということになる。 「古稀という名称の由来は、唐の詩人・杜甫(とほ)の詩にある、「人生七十 古来稀なり(70歳まで生きる方は、昔から珍しいものだ)」という一節からきているといわれている。」と某所から引用する。 長男夫婦から…
コメント:0

続きを読むread more

心臓弁膜症

本日20200213 宮城県中央部在住 もうすぐ満69歳。 本日 心臓エコー検査を行いました。「ちょっと雑音がするから」とのことでした(ひと月前からの予定です)。 掛かり付けの内科医での超音波検査です。 結果は「心臓の弁が不全で逆流してます」で、「私:心臓弁膜症ですか」「そうですね」心肥大は認められない為経過観察となり…
コメント:0

続きを読むread more

民俗芸能講座「八戸地方のえんぶり」

本日20200210 宮城県中央部在住 昨日 民俗芸能講座「八戸地方のえんぶり」を受講しましたので忘れないうちに記します。以下要点及び感想です。  国の重要無形民俗文化財「八戸えんぶり」は、八戸地方に豊作を願う郷土芸能で、小正月の田ノ神の来訪行事と理解することができる点に、他地方の田植踊との大きな違いがある。また、早乙女役は…
コメント:0

続きを読むread more

講座 多賀城碑の謎

本日20200122 宮城県中央部在住   20200118 東北歴史博物館 令和元年度 第1回れきはく講座 「多賀城碑の里程と国号の謎に挑む」を受講しました。 多賀城碑(土にあるいは草むらに埋もれていたなどの説あり)は、江戸時代初期の発見とされるもので、多賀城の修築記念に建立されたと考えられており、国の重要文化財に指定されて…
コメント:0

続きを読むread more