人生は気まかせ筆まかせ

アクセスカウンタ

zoom RSS 酒 柳陰(やなぎかげ) 銭売り賽蔵

<<   作成日時 : 2010/11/02 23:02   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

柳陰(やなぎかげ)

最近、直木賞作家山本一力ものを読んでいる。例によって妻の推薦です。

私「何か面白いもの(小説のことです)ないかな」
妻「これなんか貴方好みかも」

「損料屋喜八郎始末控え」:上司の不始末の責めを負って同心の職を辞し、刀を捨てた喜八郎。(略)与力の秋山や深川のいなせな仲間たちと力を合わせ、巨利を貪る札差たちと渡り合う。(略)息詰まる頭脳戦。(解説:北上次郎)。江戸屋の女将 秀弥との心の通い合いも彩を添える。

「銭売り賽蔵」:金貨や銀貨を、町民の間で使われる文銭に両替する銭売りの賽蔵。彼の真摯な生き方と、その気概に応える大店の主人や仲間たち・・人と人との繋がりが面白い。

「銭売り賽蔵」に柳陰(やなぎかげ)という「酒」が出てくる。〈集英社文庫p127〉。
(略)
甲乃助が先に得利を差し出した。杯で受けた英伍郎は、ひと息で呑み干した。
「柳陰か?」
「あんたはこれが好きだろう」
「よく覚えていたな」
英伍郎が感心した声を出した。
焼酎を味醂で割り、井戸水で冷やした酒が柳陰である。口のなかがほてっている夏場は、英伍郎はこの酒を好んだ。
(略)

この「柳陰」、気になった。
検索すると色々出てくる、割り方・落語云々・・なるほど、なるほど、云わばカクテル!か
であれば、焼酎でも酒でもワインでも炭酸でもなんでも自分好みでブレンドすれば!いいんですね!妙に納得です。
(焼酎と味醂以外のものは当然「柳陰」ではないですが・・)

ということで今日、とりあえず
焼酎:さつま白波25° と 味醂:本みりん(ミツカン)を1:1で
ついでに
焼酎:さつま白波 と 清酒:白鶴 特別純米酒 山田錦を1:1で
試してみました。ウン濃い・・あたりまえか・・が、ウマいかも!
次はソーダ割りやワインも加えてと・・楽しみが増えました。


10月末の家の花

画像

画像

画像

サフラン
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
酒 柳陰(やなぎかげ) 銭売り賽蔵 人生は気まかせ筆まかせ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる