人生は気まかせ筆まかせ

アクセスカウンタ

zoom RSS 送別会挨拶-たんぽぽ-綿屋

<<   作成日時 : 2010/03/23 23:08   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は所属の送別会だった。私は親睦会の会長(持ち回りです)なので挨拶をしなければいけないが紹介しなければならない大事なお名前を「ど!忘れ」してしまったのだ。想像できます?最悪です。思わず原稿を見てしまった!

でも、それを責める方は一人もいませんでした。「気持ちは伝わりましたよ・・・」・・・思わず・・・皆良い人なのだ。皆様有難うございました。

挨拶は時間的にも内容でも妥当と思う処としたつもりだが、ポイントは私は親睦会の会長であって仕事の長ではないということ、仕事のあれこれを挙げてご苦労様と言うのは僭越に過ぎるなのだ。

直前に思いついたことを冒頭アドリブで入れた。
「たんぽぽはロゼッタで陽を最大に浴びようとしている。それはたんぽぽの生きる知恵だ。でも人間は自然の恵みだけでは生きていけない。人間には「人の情」という恵みが同時に必要だ。その人の情を手助けするのが親睦会ではないか、その手伝いをできた(と思いたい)ことが最大の喜びです。」と。
・・・これが送別会にふさわしいか疑問は残る・・・

私の挨拶に引き換え 送られる方々の自然で心のこもった言葉のあれこれはどうだろう。 素直で飾ることのない感謝と希望の言葉に私は ただ ただ 肯くばかりだ。いやその前の私以外の挨拶や乾杯の言葉、そして中締めの言葉も、実に相応しく誰もがそれぞれの人柄を現し心にしみる内容だった。
残りの方々の言葉も聞けたらどんなにかよかったろうと思う。

テーブルごとの人の配置も丁度好し!司会進行も無理なく絶妙だ!

料理も豪華だった!酒も美味かった!話も弾んだようだ!
(今日はいつになく感嘆詞が多い)

本日のゲストに「綿屋」という酒が二升出た。どうだったかって?・・・「えも言われぬ芳香とのど越し、品があり、霊峰栗駒のたおやかな山容とその恵みを彷彿とさせる・・・」こんな表現しかできない。知る人ぞ知る名酒と人は言う、この名酒を言葉で表現しようとすること自体がそもそも無謀なのだが、自分への戒めのためあえて上の評を残す。 これを「蟷螂の斧」とか云うめれ。 

「タンポポは冬でも陽の恵みをいっぱいに浴び花咲く準備を怠らない!踏まれても踏まれても諦めず生きる!絶対負けないぞ!花を咲かせるぞ!」今日の挨拶はこの一言でよかったかもしれない。


(よろしければ他のタイトルもご覧ください。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
送別会挨拶-たんぽぽ-綿屋 人生は気まかせ筆まかせ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる